プロテイン

【決定戦】コスパのいいプロテインはどれだ!8社対抗プロテインランキング

すごく悩むくん
どのプロテインがいいんだろ

種類が多すぎてわからない

 

プロテインメーカーがかなり増えましたね。

 

ザバス、マイプロテイン、ウイダー・・・どれを選んだらいいか分からないのは最も。

 

今回はタンパク質1gあたりの費用対効果を軸として最もコスパのいいプロテインを決定します。

こんな方におすすめ

  • プロテインのブランドが知りたい
  • ブランドごとの栄養成分一覧が見たい
  • 手っ取り早くコスパのいいプロテインが欲しい

 

エントリー選手紹介

 

アルプロン ホエイプロテイン チョコ

 

国内の製造にこだわり、自社工場を中心に製造

 

食品安全マネジメントシステムに関する国際規格「FSSC 22000」の認証を取得し、品質に徹底したこだわりがあり。

 

国際的アンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」の認証を取得。

 

マイプロテイン ブラウニーチョコ

 

プロテイン、サプリメント、高タンパク食品、スナック類、スポーツウェアなど幅広く製造するスポーツメーカー。

 

2004年のマンチェスターでの創設以来、今やヨーロッパNo.1ブランドとなっており110ヵ国以上で販売。

 

国内でも数多くのインフルエンサーを使用し、普及を行っています。

 

今、最も勢いのあるプロテインメーカーです。

 

ザバス ホエイプロテイン ココア

 

有名プロテインブランドであり、だれもが一度は目にしたことがあるはず。

 

製造は乳製品やお菓子メーカー大手である明治

 

40年にわたる歴史と信頼で愛されているブランド。

 

 

ビーレジェンド

奈良県に本社を持つスポーツ総合メーカーリアルスタイル社が提供するブランド。

 

『みんなのアイスココア風味』が代表する様に名前の付け方が変わっている。

 

味の種類がかなり多くチョコやバニラはもちろん青汁風味など変わり種もある。

 

ウイダー

菓子製造大手の森永製菓が製造・販売しているブランド。

 

ウイダーインゼリーでお馴染み。

 

プロテインの製造も行っており、ホエイプロテインの他に大豆プロテインもあり。

 

粉末プロテイン以外にもパウチタイプやバータイプもあり手軽に食べられる商品に力を入れている。

 

DNS

DOME社が販売しているプロテインブランド。

 

DOME社の名前を聞いたことがない人が多いと思うがこの名前は知っているはず。

 

アンダーアーマー

 

アンダーアーマーとライセンス契約を取り交わし、日本で販売を行っている。

 

赤いパッケージが目印。

 

ビッグホエイ

バルクスポーツ社が製造販売するプロテイン。

 

筋肉に深い関わりがあるBCAAの一種ロイシンはもちろんのこと、必須アミノ酸を豊富に含む。

 

12種類ものフレーバーを開発し、今までの飲みにくいイメージを180度変える、すっきりとした飲みやすさと美味しさを実現

 

 

GronG

品質管理が徹底された国内提携工場で国内製造。

 

タンパク質含有率「75%」以上(無水換算値ではない)であり、主原料には、高品質な乳清たんぱく(ホエイたんぱく)のみを使用。

 

飲みやすく溶けやすいをプロテインを実現。

 

プロテイン成分徹底比較

各プロテインメーカーの成分表を比較しました。

 

栄養成分で優れている個所は赤字

 

※プロテイン20g当たり

アルプロン マイプロテイン ザバス ビーレジェンド 森永(ウイダー) DNS バルクスポーツ GronG
ホエイプロテイン チョコブラウニー ホエイプロテインココア 激うまチョコ味 マッスルフィット ホエイ100チョコ ビッグホエイココア プロテイン100ココア
価格 2480円 2790円 3980円 3480円 4298円 4860円 2980円 2480円
送料 無料 1800円 サイトによる サイトによる サイトによる サイトによる 7000円以上で無料 サイトによる
エネルギー 77kcal 82.4kcal 79kcal 77.8kcal 74kcal 78.9kcal 80kcal 81.4kcal
タンパク質 14.4g 16.8g 14.3g 14.4g 15g 13.8g 15.4g 15g
脂質 1.2g 1.52g 1.33g 1.03g 1.2g 1.37g 1.21g 1.52g
炭水化物 2.9g 0.8g 2.4g 2.8g 1.9g 2.69g 1.93g 2g
食塩 0.1g  0.1g 0.14g 0.1g 0.26g 0.1g 0.1g 0.1g
発送まで 1-5日 1-2週間 サイトによる サイトによる サイトによる サイトによる 1日 サイトによる
1kg中のプロテイン 720g 840g 715g 720g 750g 690g 770g 750g
1gあたりの価格 3.44円 3.32円 5.56円 4.83円 5.73円 7.04円 3.87円 3.3円

 

数が多くてわかりにくいので、ランキング形式に。

 

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 タンパク質1gあたりの価格
1位 森永 マッスルフィット マイプロテイン チョコブラウニー ビーレジェンド 激うまチョコ味 マイプロテイン チョコブラウニー GronG プロテイン100ココア
2位 アルプロン ホエイプロテイン GronG プロテイン100ココア アルプロン ホエイプロテイン 森永 マッスルフィット マイプロテイン チョコブラウニー
3位 ビーレジェンド 激うまチョコ味 森永 マッスルフィット 森永 マッスルフィット バルクスポーツ ビッグホエイココア アルプロン ホエイプロテイン

 

プロテインコスパランキング(総合評価)

 

マイプロテイン チョコブラウニー

 

タンパク質部門炭水化物部門で1位を取っている実力者。

 

タンパク質1g当たりの価格は惜しくも2位だが、定期的にセールをしているため1位に這い上がる能力は十分秘めている。

 

発送までの時間が長いのが玉に瑕。(基本2週間)

 

2020/09/15

追記

マイプロテインが品質トラブルを起こしました。

 

公式から原因が発表されていますが、詳細が分からない、他の購入者でも出ている点から購入は様子見したほうがいいでしょう。

 

 



アルプロン ホエイプロテイン

 

突出した項目はないがエネルギー部門や脂質部門で2位に食い込むなど総合的に評価が高い。

 

国内製造の安心感と欲しいときにすぐ手に入る手ごろ感からマイプロテインと引けを取らない実力者。

 

知名度がないためマイナー扱いされるかも・・・



GronG プロテイン100ココア

 

タンパク質1g当たりの価格が1位でありコスパ時は最強

 

ネットでも買える手軽さがGOOD!

 

カロリーと脂質が高め・・・


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今まで飲んでいたプロテインは何位でしたか?

 

プロテインは味や溶けやすさも大事ですが毎日の飲むものですのでコスパも大事!

 

この機会に見直してみては?

 

マイプロテインとアルプロンで悩んだ方はこちら!さらに詳しく解説!

 

 

 

 

-プロテイン

© 2022 FITNECT Powered by AFFINGER5